自己破産の体験談-後悔しなくて済んだ理由-

自己破産の体験談-後悔しなくて済んだ理由-

MENU

自己破産の体験談-後悔しなくて済んだ理由-記事一覧

自己破産をすると借金をゼロにできます。借金で苦しんでいる人は魅力を感じるかもしれませんが、誰もが自己破産できるのではありません。自己破産できる人には条件があります。まず、破産申立人が個人であることです。法人には免責の概念がありません。借金を返済する能力がないとみなされた人でなければ自己破産は認められません。支払い能力がない人とは、借金返済にあてる財産がない、金銭を調達することが困難な状態にあるもの...

自己破産後の生活が不安…自己破産をすると借金をゼロにすることができます。借金がなくなった後の生活はどのようになるのでしょうか。自己破産後の生活おけるメリット借金から解放されるのでしつこい取り立てがなくなって精神的な負担が減り、生活が楽になります。新たな気持ちで生活を始められます。自己破産後の生活のデメリットとは?官報へ記載される自己破産をすると市町村の破産者名簿に載ります。しかし、この名簿は一般の...

借金問題解決の為の相談会を開催している弁護士事務所や、司法書士事務所は数多く存在します。弁護士と司法書士では、借金問題解決の為に出来る事が違ってきますから当然、報酬も変わってくるのです。司法書士の場合、弁護士と比べると代行出来る事も少なくなりますから当然、報酬は低めに設定されています。ですから、報酬の低いほうに目がいってしまいがちですが司法書士よりも、弁護士の方が頼りになります。司法書士は、借金問...

破産宣告する事で自由財産以外の財産は全て処分をしなければなりません。また、破産宣告をすると官報に掲載が行われ、一定期間借金をしたりクレジットカードを作ることが出来なくなると言ったデメリットが有るのです。但し、破産宣告は自己破産であり、破産をする事は新たなスタートを切ると言う事でもあるのです。因みに、自己破産をする事で全ての債務は免責隣借金が有っても返済が不要になります。しかし、破産宣告を行って10...

自己破産をする時には色々な整理をすることになります。特に財産については管財人によってしっかりと処分をしなければならず、こうした方を選任して自己破産を認められる状況に持っていくことが必要ですこのように管財人を選出されて、財産の分与をすることになるのが管財事件と呼ばれるものです。事件と付いていますが、裁判所によって行われることですから、警察が関与しているというわけではありません管財事件となった場合、一...

借りていたお金を返済できなくなり、自己破産をしたいけど、官報に氏名が記載されるので迷っている人は多いのではないでしょうか。しかし、官報というものは、一般人がそうそう目を通すものではありません。特に、官報の破産宣告の項に常に目を通すのは、金融関係者に限られます。ですから、自分から言い出さない限り、まず気づかれることはありません。それよりも、債務をきれいさっぱり帳消しにして、新しい一歩を踏み出した方が...

借金の問題を解決するといえば、まず自己破産を思い浮かべる方が、多いのではないでしょうか?確かに自己破産は有名な債務整理ですが、借金を整理できる方法は他にもあるんですよ。債務整理には自己破産・個人再生・任意整理・特定調停この4つが行われています。自己破産の場合は借金の支払い義務が無くなり、実質的に借金はゼロになる債務整理なので、金銭的な負担は大きく改善されます。個人再生の場合、借金をゼロとまではいか...

債務者に破産宣告をすると、さまざまなメリットとデメリットがあります。破産宣告のメリットとしては、借金の取り立てが止まることでしょう。これまで借金の返済に追われ続けていた人には、破産宣告のこのメリットは非常に大きな物になるはずです。破産宣告をして免責の手続きをすると、今度は借金が0円になるメリットがあります。これで借金を返済する義務がなくなり、身軽になることができます。しかしこのメリットを手に入れる...

自己破産は、抱える債務に対して、その返済が不能になったことを裁判所に申し立てて認められれば債務の免除が行われるものです。なお、裁判所に申し立てても認められなければ自己破産をすることができません。このさいに認められる条件としては、一定期間にわたって支払い不能に落ちいていることです。一方で認められないものとしては、債務の原因がギャンブルなどの浪費である場合などや一時的な支払い不能な状況である場合です。...

多額の借金を背負い自己破産を検討されているという方もいらっしゃるかと思います。しかし、自己破産というと手続きが大変そうでなかなか踏み切れずに悩んでいるという方は少なくありません。そこで、以下では自己破産の大まかな手続きの流れと凡その期間について説明します。1.申し立て自己破産を決心したら最初に行うことは裁判所への申し立てです。じつはこの申し立てが自己破産の手続きの中で最も関門とされています。その理...

自己破産とは、借金の帳消し、つまり裁判所で債務整理を行うことです。デメリットは公的機関の帳簿に載る、クレジットカードを作れない、特定の仕事ができなくなる、家がなくなる、ということです。このことに支障がないならば自己破産をすることにメリットが生まれます。では自己破産中に奨学金の返済義務があった場合どうなるかというと、自己破産によって返済義務はなくなります。奨学金を借りた機関が信用情報機関以外からの貸...

家族や恋人に内緒で自己破産~方法・手段~借金の額が大きくてどうにも返済できない場合、自己破産しか解決できない場合があります。弁護士相談が最善策自己破産を弁護士に依頼することでの総合メリット・資料など、裁判所からの連絡が弁護士へいくので、家族の目につくことがないからバレにくい。・「破産審尋」と「免責審尋」の2回だけ裁判所へ行けばいいことから外出が比較的ラクなのでバレにくい。・手続き・書類作成を任せら...

自己破産する場合の費用の目安ですが、基本的に「同時廃止事件」になるか「管財事件」扱いになるかで大幅に費用が違ってきます。自己破産手続きは、法律関係の知識に自信があれば自力で手続きも可能ですし、弁護士または司法書士などの専門家に代理依頼するかでも費用はだいぶ変わってきます。自己破産手続きで費用が一番安く済む方法は、財産が殆ど残っていない場合の同時廃止事件で、ずばり自力で全て手続きをすると3万円以内の...

自己破産は債務整理の中でも、最終手段的に行うものだと言われています。自己破産を申し立て免責が認められれば、それまでの借金を無かった事にできるので、借金問題は大きく解決します。ですので借金の返済に困っていたら、真っ先に行いたい債務整理ですよね?借金問題を解決する効果が大きい反面、ペナルティーやデメリットも他の債務整理と比べると多くなっています。ですので、安易に自己破産を選択するのではなく、他の債務整...

自己破産をする際、破産宣告さえすれば、その時点で、借金の返済義務がなくなると考える人は少なくないでしょう。ですが、破産宣告とは、裁判所に自己破産に関する書類などを提出し、破産を申立て、破産理由等に問題がないと裁判所が判断をすれば、その時点で、債務者に対して、これから自己破産に関する手続きを始めると宣告する状態の事です。手続開始を宣告しただけなので、この時点ではまだ借金は残った状態です。ですが、手続...