個人再生と自己破産の違い-どっちが賢い?【わかる!債務整理教室】

個人再生と自己破産の違い-どっちが賢い?【わかる!債務整理教室】

MENU

個人再生と自己破産の違い

個人再生は裁判所を通して原則として債務を5分の1に減額してもらう手続きです。
裁判所に提出した再生計画が認可されると、再生計画に沿って原則3年で分割で返済し完済を目指します。
特別な事情がある場合は5年までの返済期間の延長が認めてもらえます。

 

自己破産ではマイホームは差し押さえられ競売にかけられて処分されてしまいますが、
個人再生では住宅ローン以外の債務を整理することが可能で、マイホームは手元に残すことができます。
住宅ローンの残高や毎月の住宅ローン返済額が減額されることはなく、今までと変わりありません。

 

マイホームが残せるので、個人再生を利用しても家族には影響がありません。
借金の原因が浪費やギャンブルの場合でも個人再生を行えますが、
分割返済を続けるための安定した収入が見込めないと個人再生が利用できないことがあります。
約7年~10年はブラックリストに載るために新規の借入ができなくなります。
官報に申立人の住所と氏名が掲載されてしまいます。
連帯保証人に対して請求が行ってしまい迷惑をかけてしまいます。

 

手続きは裁判所を通すために難しいので、ご自身で行わずに弁護士か司法書士にお任せしたほうが良いです。
依頼されると債権者に受託通知を発送し、受け取った債権者は取り立てができなくなります。

 

債務整理のポイント

個人によってどの方法が良いのかは
金額・状況などにより変わってきます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生と自己破産の違い-どっちが賢い?【わかる!債務整理教室】関連ページ