個人再生後について※借金減額で完済への道

個人再生後について※借金減額で完済への道

MENU

個人再生後について※借金減額で完済への道

現代の日本では個人再生と言う手段をとることで債務問題をより円滑に解決することができるようになっているのですが、個人再生は法的な手段でこそあれ、「借金を踏み倒した」というようにも見られてしまいます。
そのため、一般的には個人再生を行ってしまうとクレジットカードなどを作成するのに支障が出てくると言われているのです。
さて、それではこれは本当なのかと言うと、残念ながら事実です。
こうした個人再生などは「金融事故」と呼ばれていますが、金融事故を起こした消費者と言うのは、金融業界において非常に低い信用を与えられることとなります。
クレジットカードは気軽に利用できるため、あまり借金と言うようなイメージがわかない人が多いのですが、実際には信用を担保とした一時的な金銭貸借に変わりがありません。
そのため、個人再生後はクレジットカードを作るという際、非常に厳しい審査が行われることとなるのです。
とはいえ、どのような場所でも作ることができないのかと言うと、これはそれぞれのクレジットカード業者によると言うことになります。
金融事故を起こしているからクレジットカードを作ってはいけないというような法律はありませんから、業者によっては発行をしてもらえる可能性があるのです。
しかしながら個人再生を完了させた直後に作成できる業者はほとんどいないと言っていい状況ですから、クレジットカードが必要になったというような場合であっても、金融事故の情報が抹消される「5年」を待ってから申し込むようにした方が無難と言えるでしょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生後について※借金減額で完済への道関連ページ