《賢く個人再生》必要書類が沢山ありすぎて投げ出したくなる…

《賢く個人再生》必要書類が沢山ありすぎて投げ出したくなる…

MENU

自己破産より個人再生

借金が膨れ上がってしまい
どうしても自分で返済できない場合は
自己破産という救済処置をとることができますが、
自己破産の場合20万円以上価値のある金融資産を手放して
借金の返済に充てる必要があります。

 

金融資産のうち、もっとも価値が高いのが自宅ですが、
自宅をどうしても手放したくない場合には
個人再生という手段をとることができます。

 

個人再生

自己破産は全ての借金が帳消しにされますが、
個人再生では一定の額を返済する必要があり、
3年間で返済を終えると残りの借金は免除されます

 

住宅ローン以外の借金の総額が5000万円以下で、
継続して安定した収入がある人が対象になります。
年金受給者やパートやアルバイトの人も対象になります。

 

必要な書類

個人再生を裁判所に申し立てるのに必要な書類
申立書、陳述書、財産目録、債権者一覧表、
3ヶ月以内の住民票の写し、収入を証明する書類、
財産価格証明書などです。

 

収入を証明する書類は源泉徴収票過去2年分、
最近の給与明細3か月分、課税証明書過去2年分などです。
財産価格証明書は預貯金、貸付金、退職金見込み額、
生命保険解約払戻金、有価証券、
自動車や不動産などの金額がわかるものです
そのほかにも預金通帳や
不動産の登記簿謄本、課税証明書などが必要になります。
 
※裁判所・都道府県などによって、
必要書類も多少異なります。

 

弁護士に依頼

専門家と打ち合わせしながら
記入していくのがコツです。
細かい必要書類の作成は、弁護士が行ってくれるので
面倒な業務はお任せしましょう

 

評判の事務所はコチラになります。

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

 

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

《賢く個人再生》必要書類が沢山ありすぎて投げ出したくなる…関連ページ