個人再生の保証人になったら※個人再生で失敗しないために

個人再生の保証人になったら※個人再生で失敗しないために

MENU

個人再生の保証人になったら※個人再生で失敗しないために

個人再生という手続きがあります。
これは、個人破産と任務整理の中間地点になるような制度です。
債務のすべてを手放すわけではく、その借金などを5分の1ほどにして、3年程度かけて返していくという制度です。
個人再生をした場合、自己破産とは違い、官報という国が発行する機関誌に住所氏名が記載されることになります。
これは、個人再生をした人すべての名前が官報に載るので、止めることはできません。
また、官報はインターネットで簡単に見ることができるようになっているので、家族に影響は出ませんが、簡単に調べられることができる場所に名前が掲載されるということになります。
また、個人再生ということをした場合、家族が保証人などになっていなければ特別影響は出ません。
さらに個人再生手続きをすると、今までのように住宅に住んだり、車に乗ったりすることができるようになりますが、これは少額の場合であり、返済額が大きい場合に関してはすべてがこの通りにならない場合もあります。
また、個人整理に関しては弁護士と相談した返済プランを裁判所に持っていき、許可を得てから初めて適応されれるものとなります。
また、返済中に支払が難しくなってしまったりした場合などは、裁判所などに相談することにより、さらに支払額を減らし、返済期間を長くしてもらうこともできるようになっています。
ただ、クレジットカードなどに関しては新規契約が難しくなるというデメリットが存在しています。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生の保証人になったら※個人再生で失敗しないために関連ページ