個人再生の住宅ローンについて※減額から完済まで専門家に相談

個人再生の住宅ローンについて※減額から完済まで専門家に相談

MENU

個人再生の住宅ローンについて※減額から完済まで専門家に相談

勤めている会社の業績が順調に伸びて景気のよいとき、当時の収入に合わせて住宅ローンを組んだものの、折からの景気低迷でボーナスがカットされたり減給されたりで、返済がままならなくなってきた。それだけでなく、子どもの教育費だけでなく生活費もキャッシングやローンを組んでいるうち、毎月、利息を支払うだけで精一杯。なんとか借金地獄から抜け出したい。そんな人は、個々最近、とても急増しています。
個人再生の手続きをすれば債務つまり借金は5分の1まで減額されるし、手続きを開始すれば債権者に給料を差し押さえられたりする心配もありません。いっぽうで信用機関のブラックリストにのるため5年から10年は借り入れができず、住所や氏名が官報に記載されるのがデメリットになるものの、家や車といった財産を手放さずに返済を続けていくのが、個人再生の大きなメリットです。
一般的に会社勤めの人でマジメに生活を送っているにもかかわらず金銭的に苦しむケースとして一番多いのが住宅ローンの負担です。ぶっきらぼうに言えば、借金で一種である住宅ローンを返済するために、別のところで借金を重ねてしまうと、借金の雪だるま状態に陥ってしまいます。そこで、個人再生の手続きを経ることで住宅ローン以外の債務を整理する方法があります。
これを住宅資金特別条項を定める個人再生手続きを言いますが、気をつけておきたいことは住宅ローンそのものは一切減額されず、これまでどおり返済する義務があることです。また、建物や土地に住宅ローン以外の抵当権が設定されておらず、本人が住んでいる住宅でなければなりません。別荘やセカンドハウスにかんしては対象外となります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生の住宅ローンについて※減額から完済まで専門家に相談関連ページ