個人再生の期間※個人再生をするまでに私がしたこと

個人再生の期間※個人再生をするまでに私がしたこと

MENU

個人再生の期間※個人再生をするまでに私がしたこと

個人再生をした場合、車のローンが残っている時、そのローンの5分の1の支払いのみとなります。
個人再生とはすべてをリセットするわけではなく、借金を減額し、それを支払うというシステムへと変更になるからです。
なので、車を持っている人で、まだローンを支払っている最中であれば、車の代金も5分の1の支払いへと変更になります。
そこが個人再生が財務整理や自己破産とは異なるポイントです。
ですので、車を所持したままで、問題なく生活することができる状態を維持することができます。
ですが、借金の額を5分の1まで減らしたうえで、返済計画では3年の期間で返済するというプランへとなります。
もちろん、この間は一定の金額を借金返済に充てていくことになりますが、車も通常通り自分のものとして乗ることができるようになっています。
もし、この返済期間の間に何らかの病気やけがなどで仕事ができなくなり、支払が間に合わなくなってしまった場合などにおいては、裁判所に申請をすることにより、返済期間が3年から5年へと先延ばししてもらうことができます。
ですが、その分返済期間が延びてしまうこと、さらに完済し終えた後でも、クレジットカードや新規ローンが組めるようになるまでの期間が延びてしまうということにもつながるので、注意が必要となります。
個人再生では、今まで通りの生活をしながら減額された残りのお金を返却していくための手段ということになっています。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生の期間※個人再生をするまでに私がしたこと関連ページ