個人再生するときの流れ※完済したい!無料相談はこちら

個人再生するときの流れ※完済したい!無料相談はこちら

MENU

個人再生するときの流れ※完済したい!無料相談はこちら

債務整理の手段として個人再生を選んだ場合は、地方裁判所で手続きを行うことになります。
個人再生を利用することで、返済金額を少なくすることが出来ますし、住宅や車を所有していた場合に差し押さえられることがありません。原則は3年以内の返済が義務付けられます。借金の総額は、住宅ローンを除いて5000万円以下であることが条件となります。住宅に抵当権が設定されていないことが条件となります。また、住宅ローンの減額はありません。
申し立てには申立書、陳述書、債権者一覧表などが必要です。手続きの流れは、申立ての後に面接で裁判官から審問を受けて、期間内に定められた審査を通過しなければなりません。審問は通常30分~1時間が目安です。
その後、債権の調査や異議申述などが行われます。
報告書が作成されて、認可決定が下りれば個人再生の手続きは終了します。債権者の2分の1以上の反対がなければ一定の期間が経過することで、当然に確定が決まります。
手続きは、申し立てをする本人が自主的に進める姿勢が大切です。専門的な知識が必要になってくるので、出来る限り弁護士や司法書士に依頼する方がスムーズです。弁護士に依頼する場合は、自身で裁判所に出向くことなく手続きを進めてもらうことができます。
現実的な返済計画を立てるためにも、実績の豊富な弁護士を選ぶことがポイントです。相談には無料の窓口が利用できます。再生計画の認可が出る可能性も高くなります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生するときの流れ※完済したい!無料相談はこちら関連ページ