個人再生についての失敗※個人再生で減額無料相談

個人再生についての失敗※個人再生で減額無料相談

MENU

個人再生についての失敗※個人再生で減額無料相談

個人再生は弁護士の力を借りて借金の完済を目指す方法ですが、個人再生のために返還計画を立案する段階で失敗して、自己破産や民事再生に切り替えるケースも多いようです。個人再生が失敗する具体例としてよくあるのが収入が安定していたはずなのに返済計画中に収入が激減した、もしくはなくなったケースです。返済計画では完済を目指しますので債権が減ることはありません。もちろん、過払い金があれば債権は減ることもありますが、多くの場合、借金の総額は減らず、変わるのは金利と返済期間と言われています。そのため、個人再生では継続して返済を続けられるかが重視されます。個人再生が失敗する具体例として多いのが収入についてです。ケースとしては弁護士に依頼する際には普通にサラリーマンで仕事が安定していたのにリストラにあってしまい、再就職が難しい場合です。再就職まで雇用保険等で生活はできてもその後の生活が読めないために個人再生をあきらめることになりました。また、別な具体例では債権が多すぎて返済計画が建てられない場合です。返済計画は完済を目指しますが収入から生活費を除いた額面での返済となります。そのため、債権が多すぎると債権ごとに返済できる金額が減ってしまうために債権者によっては返済が難しいと判断し、返済計画に同意しないこともおおくなるようです。債権者の同意が得られなければ個人再生は難しいので他の手段への変更が必要になることになるようです

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生についての失敗※個人再生で減額無料相談関連ページ