借金を踏み倒したい方※借金問題解決する近道!

借金を踏み倒したい方※借金問題解決する近道!

MENU

借金を踏み倒したい方※借金問題解決する近道!

借金の返済が大変であったり、借金から逃れたいと精神的に追い詰められると、借金を踏み倒してしまおうかと考える人がいます。借金の返済には時効があるので、一定期間放置しておけば法律的に返済する義務はなくなります。しかし、借金を滞納すると非常に危険です。

以前の取り立ては非常に激しく、精神的に追い詰められてしまう人も少なくありませんでしたが、現在では法律で厳しい取り立ては禁止されているので、そのような取り立ては行われません。返済が遅れている理由を確認されたり。返済する意思があるかどうかを確認するための連絡が来ます。この段階で債権者である金融会社側と交渉すれば返済額の引き下げなど、返済しやすいような措置を取ってくれることもありますが、取り立てを無視していると、債権者側は次の措置を取ります。

連絡があっても何の反応も変えさず、返済も行われていない場合は、金融会社側は法的措置を取ります。法的措置とは、債務者の収入や財産を差し押さえるために、裁判所に申し立てをすることです。この手続きによって裁判所から許可が出ると、差し押さえが可能になり、給料、家や自動車、お金に換価できるものを没収されるという危険性もあります。

借金返済の時効は、5年ですが、金融業者はいくらでも時効を延長できるので、様々な方法で踏み倒しを行ってもずっと返済の義務が生じます。踏み倒したいからといって、姓を変えたり、引っ越しをしても、高い確率で見つかってしまいます。見つかると、高額な遅延金や延滞金を支払わなければならず危険ですから、返せないからといって踏み倒しをしようと考えずに、債務整理や自己破産などで合法的に借金を整理しましょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

借金を踏み倒したい方※借金問題解決する近道!関連ページ